【闇】なぜ、相場より安く不動産を買えないのか?

いい物件を安く買う。誰もが願う事ですが・・・

くま吉

くーまさん聞いてください!
もう、かれこれ1か月。。。
ネットを毎日見ても、掘り出し物の激安物件がみつかりません。。。
はぁ。疲れてしまって。。。

KUUMA

あれ?くま吉、まだ買ってなかったの?
この前、いい物件見つかったって言ってたのに?

くま吉

いやそれが、買う寸前まで行ったのですが・・・
他にも掘り出し物があるんじゃないかと思って、キャンセルしたんです。

KUUMA

バカだなーw
大体そういう人はずっと買えないんだよw
そもそも、激安の掘り出し物なんて、くま吉みたいな一般人には紹介されないよ?

くま吉

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
僕にはお金がないから紹介してくれないの?
あんなにいろんな不動産屋さんも行ったのに・・・
みんな、「いい物件あったら紹介しますね!」
って言ってくれたのに・・・

KUUMA

あーーーーごめんごめんw
半分正解で、半分違うw
ちなみに不動産屋さんの「良い物件あったら紹介しますね!」
は、あいさつみたいなもんだから、自分が特別扱いされてるんじゃないよw

くま吉

わーーーーーん!
それもなんかショックーーーー!

これにはちゃんと、理由があります。それは・・・

まず、不動産が安く売り出される場合はどういう状況か?ここから解説していきます。

ケースとして

  • ローンが払えなくなった。
  • 急にお金が必要になった。
  • 大きい田んぼを売る場合。

ざっくりこの3点です。

但し、③は一般の方にはあまり関係の無い話ですが、よくある「分譲地」はこういった大きい農地を安く買い、多額の工事費用をかけて作られています。

①ローンが払えなくなった

主に中古住宅として売りに出ます。企業の場合は、店舗・事務所・駐車場など企業が持つ様々な不動産が売られます。

その名の通り、ローンの返済が出来ないため、強制的に売却します。

その売ったお金はもちろん銀行に返済しますが、スピードを重視するのでローン残高より安く売却されます。

残ったローンはどうするか?銀行に分割払いするか、自己破産してチャラにします。

但し、裁判所も簡単に破産させてくれなくて、ローン残高がおおよそ400万円程(最近は変わったかもしれません)なら、「気合で返せ!」と自己破産させてくれません。借りた物はちゃんと返しましょう。

②急にお金が必要になった

これには様々なケースがあります。

①上記のようにローンが払えなくて、使ってない土地を売る。

②じいちゃん、ばあちゃんが介護施設に入る為、その費用作るために売る。

③相続したけど遠方で、メンテナンスできないし、固定資産税が高いので安くてもいいから早く売りたい

④相続が発生する前に早く売りたい!

すべてに共通するのは・・・

上記に共通するのはスピードです。

特に、ローンが関係すると、銀行としても速く売却することが大切です。

そして、スピードと同じくらい大事なのが、絶対買ってくれるか?

一般の方は、こちらが「掘り出し物!」と思って紹介しても、安いかどうか?の判断が出来ない方が多いです。

判断出来ても、親さんの反対があったり、ローンの審査が通らなかったり・・・

なので、急を要する場合であれば、値段は安いが間違いなく買ってくれる「不動産の買取専門業者」に紹介します。

こういった会社は、当然ボランティアではありませんから「安く買って高く売る」で商売しています。

こう聞くと、聞こえは悪いですが、急ぐ方にとっては「お金」より「時間」が大事なのです。

まとめ

なので、いわゆる「銀行案件」と呼ばれる返済に困って売る物件や、個人の事情で早く売りたい場合は不動産業者が購入するのです。

その金額は、地域で変わりますが相場の半値~70%くらいでしょうか。

くま吉

そんなに安いなら、ぼくが絶対買うー!!!!

くま吉の気持ちも分かりますが、80%の確率で買えるくま吉と、100%買ってくれる不動産業者なら、残念ながら不動産業者になります。

ただ、中にはくま吉が買えるかどうかローンを通して、ダメだったら不動産業者へ・・・

という、時間の余裕がある物件もたまにはあります。

なので、その情報をもらうためにはどうすべきか?それは、

「不動産営業と仲良くなる」

これにつきます。

ただ、あなたの担当が、あなたが探しているエリアで、値下げの情報も持っていないとダメですよね?そんなの確率低いですよね。

これは、そうなんですが、そうではないんですw

なぜかと言うと、あなたの担当がデキる営業なら、社内でのコミュニケーションも取れています。

他の営業が「この物件300万下げてもいいらしいんだけど、業者に買ってもらうにはあと200万下げないと難しいし。どうしよう。。。」

という会話を耳にしたら、それをあなたに紹介してくれるかもしれません。(これ実話です)

なので、いい営業に当たるか?という運もありますが、「担当営業に自分の事を覚えてもらう」というのはとても有利になります。

相手は人間ですから、覚えているのはせいぜい10人でしょう。

この10人に入ればチャンスを手に出来るかもしれません。

「不動産営業は売りつけてくる敵だ!」

と思わないで、パートナーとして信頼してみましょう。

その為にも、自分自身の探している条件を明確にして、相手に覚えてもらうように伝える努力は必要です。

ラクして得はできません。

今回はちょっと、生々しいリアルな現場感をお伝えしました!

コメントや、ツイッター、YouTubeもやってますので遊びに来てね!!

それではみなさま、「正しい不動産を選びましょう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です